今回のチェックポイント
  • ●消費者が「スーパーヒーロー」のようになる?
  • ●カスタマイズとパーソナライズがトレンドに
  • ●会社はデータ活用がカギに
ラインアップ(全12回、毎週金曜日掲載)
※今後の内容は変わることがあります
>> 一覧
(写真:ユニフォトプレス)
(写真:ユニフォトプレス)

 前回は、市民と政府、労働者と企業といった「社会契約関係」の変化による影響を解説した。「ベーシックインカム」など新たな政策が模索される背景はそこにある。

 今回は、テクノロジーによって消費者はどのように変化するかを解説する。膨大なデータを生かしてAI(人工知能)などの力を使って意思決定し、企業に対して「自分だけの」商品を求めるようになる消費者を「スーパーコンシューマー」と呼ぶ。

>>続きは上の動画でご覧ください

Gil Forer(ギル・フォーレル)
EYQ ヘッド、EY LLP グローバルマーケッツ デジタル&ビジネスディスラプションリードパートナー
EY のデジタル及びビジネスディスラプション部門のリーダーとして、デジタルや最新のテクノロジートレンドがビジネスにもたらす影響を中心に精力的な活動を続けている。デジタル領域では、EY の各サービスラインや様々なセクター、部門のリーダー及びステークホルダーと連携しながら、EY のマーケット戦略とその実行を率いている。EY のグローバルシンクタンク EYQ のリーダーも務める。