■フルバージョン映像

大竹 剛(日経ビジネス)前回は、なぜ今、AI(人工知能)が急速に普及しているのかについてお聞きしました。今回は、AIと並び注目を集めている「ブロックチェーン」についてお聞きします。

 仮想通貨やFinTechのブームとも相まって注目を浴びていますが、そもそも、ブロックチェーンとは何なのでしょうか。インターネットの登場に匹敵するインパクトがあるとも言われますが、どんなインパクトを社会に及ぼすのでしょうか。

村井 純(慶応義塾大学教授):ちょっと順番を変えて考えた方がいいかもしれない。まずビットコインから考える。いわゆる仮想通貨というものがインターネット上でできてしまった。

(写真:ユニフォトプレス)
(写真:ユニフォトプレス)

 今、我々の社会は国ごとに分かれている社会と、インターネットで地球全体がつながった社会と、この2つの空間が完全に重なっています。

 通貨というのは国ごとで決まっていたのですが、完全にインターネット上での通貨というものが生まれてきました。それが仮想通貨で、その基盤がブロックチェーンという技術です。

 通貨がインターネットで流通するようになると、2つの興味深いことがあります。1つは、仮想通貨を今の既存の通貨と換算しますか、ということ。もう1つが、単位をどうするか、ということ。今までの通貨だと、1円玉があるからこの1円玉は半分に切れない、ということがありましたが、デジタル空間だから、100分の1円というのを貸してあげるから、後で100分の1円返してね、といったことができるようになる。

 つまり最小単位をあまり気にしないでいい、さらに国境も気にしないでいい。こういう通貨が、今までの通貨に加えてできました。それが、ビットコインです。

>>続きは上のフルバージョン映像をご覧ください

村井 純(むらい・じゅん)
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科委員長、環境情報学部 教授
1955年生まれ。慶應義塾大学理工学研究科博士課程修了。84年、東京工業大学と慶應義塾大学を接続する日本初のネットワーク間接続「JUNET」を設立。88年、インターネット研究コンソーシアムWIDEプロジェクトを立ち上げ、日本におけるインターネットの普及の先頭を走ってきた。2011年、日本人初の「IEEE Internet Award」を受賞。13年、インターネット協会(ISOC)が「インターネットの殿堂」に選出。
まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。