「インターネットの正体」とは

(写真:ユニフォトプレス)
(写真:ユニフォトプレス)

 そうすると、数字だらけになるんですね、数字だらけになると、今度はそれを処理する必要が出てきます。数字を処理するのが計算、つまりコンピュートと言う。つまり、デジタルデータを扱うのがコンピューターで、コンピューターをいじくることがデジタル技術の基本です。

 そうなってくると、あらゆる人間の持っている知識や、そもそも人間の体の情報までデジタルデータとして処理される。DNAもデジタルデータです。

 全てを数字で表す、デジタルデータで表すと、非常に役に立つようになるんです。そして、それを処理するコンピューターをつないでデジタルデータを流通させると、さらに便利になる。これが、コンピューターネットワーク、インターネットなんですね。

 つまり、全ての根源はデジタルデータということです。

 インターネットの役割というのは、デジタルデータにしたあらゆる情報や知識を、自由にやりとりができるようにするものです。インターネットを使えば、デジタルデータは地球上のどこから、どこへでも送れるようになります。こういうことをできるようにするのが、インターネットの正体です。

 インターネットというのは、デジタルデータを1つのコンピューターから別のコンピューターに送るメカニズムです。そして、ここで非常に大事なことは、「インターネットは地球に1つしかない」ということなんです。

>>続きは動画

村井 純(むらい・じゅん)
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科委員長、環境情報学部 教授

1955年生まれ。慶應義塾大学理工学研究科博士課程修了。84年、東京工業大学と慶應義塾大学を接続する日本初のネットワーク間接続「JUNET」を設立。88年、インターネット研究コンソーシアムWIDEプロジェクトを立ち上げ、日本におけるインターネットの普及の先頭を走ってきた。2011年、日本人初の「IEEE Internet Award」を受賞。13年、インターネット協会(ISOC)が「インターネットの殿堂」に選出。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。