全1660文字
今回のチェックポイント
  • ●「デジタルデータ」とは何か?
  • ●「インターネット」を英語で言うと?
  • ●ウェブとアプリはビジネスをどう変えた?
ラインアップ(全13回、毎週水曜日掲載)
  • 01 理想だけを追えばいい時代が来る
  • 02 そもそも「インターネット」とは何か
  • 03 今、AIが急速に普及しているのはなぜ?
  • 04 「ブロックチェーン」の本質
  • 05 コンピューターの能力に限界は来ないのか?
  • 06 分散処理の先に来る量子コンピューター
  • 07 データが永遠に消えない世界へ
  • 08 誤解だらけの「プログラミング教育」
  • 09 ゲーム(遊び)が革新をけん引する
  • 10 「会社」がなくなる? 働き方はどう変わるか
  • 11 “空飛ぶクルマ”はインターネットと相性抜群
  • 12 インターネット前提社会を支える規制の在り方
  • 13 インターネット前提社会の未来
※タイトルなどは変更になる可能性があります
>> 一覧

大竹 剛(日経ビジネス):前回、村井先生は、デジタル技術を理解するには、ビジネスパーソンもまずは全体のアーキテクチャーを理解した方がいいとおっしゃいました。そこで今回は、そもそも「インターネットとは何か?」をお聞きします。

 今ではもう、多くの人にとって水のような存在になっていると思うのですが、インターネットの“アーキテクチャー”の基本を、私たちはどのように理解したらいいのでしょうか。

村井 純(慶応義塾大学教授):やはり一番大事な基礎は、「デジタルデータ」ということですね。デジタルデータと言われると分かったような気もするかもしれませんが、なかなか実体を分かってない方も多いのではないでしょうか。

 デジタルデータというのは数字で情報を表すことで、例えばアナログだった画像や音楽がデジタルになり、カメラがデジタルカメラになり、レコードがCDになったわけです。音も数字、画像も数字、画像を並べたのが動画、文字も全て数字のコードに表せる。何もかも、全て数字で表現できるわけです。