米国の産業構造がどのように変わってきているかを取り上げる。製造方式には「垂直統合」と「水平分業」がある。20世紀の製造業は垂直統合を進め、生産を大規模化し効率を高めた。ところが90年代に入り変化が起きた。水平分業への道が開かれたのだ。けん引役の一つは中国の工業化だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り880文字 / 全文940文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題