今回と次回は「絶対優位」と「比較優位」を取り上げる。貿易が利益を生み出す仕組みを説明する理論だ。その結論は、「それぞれの国が特化して生産したものを交換することで、輸出国も輸入国もどちらも得をする」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り848文字 / 全文889文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題