今回は、金利に関するトランプ大統領の発言を「経済学」の立場から評価する。同氏が唱えるインフラ投資拡大は金利を上げる。それにもかかわらず米連邦準備理事会(FRB)の利上げを非難するのは自己矛盾だ。金利が上がる仕組みをIS-LM分析で説明する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り743文字 / 全文766文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題