トランプ米大統領が進める政策を「経済学」の視点から評価する。今回は「貿易赤字」を取り上げる。トランプ氏は貿易赤字を“負け”と考えているようだが、経済学ではそうは考えない。むしろ、米国民にとって明らかに望ましい歓迎すべきことととらえる。国内で生産している以上に支出できることを示しているからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り838文字 / 全文873文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題