今回は金、銀、銅の日本史だ。島根県の石見銀山は戦国時代、世界の銀の3分の1を生産する規模を誇った。宣教師が持つ日本の地図に「石見」との記述があるほどだ。この銀山をめぐって大内、尼子、毛利が争い、最後は毛利が勝利した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り862文字 / 全文928文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題