平清盛は大宰府を拠点に日宋貿易を展開した。これに使われたのは竜骨のないジャンク船。航海するためには船底に「重し」を置く必要があった。日本から中国に行くときに重しに用いたのは木材。そして、中国から日本に戻るときには宋銭を重しに使った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り832文字 / 全文864文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題