全769文字
今回のチェックポイント
  • ●日本の土地制度の基礎を築いた人は?
  • ●「公地公民」とは何か?
  • ●公地公民の不徹底が生み出したのは何?
ラインアップ 全10回(毎週火曜日掲載)
  • 01 土地は誰のもの?~天武・持統天皇
  • 02 鎌倉幕府は開墾地主の協同組合~源頼朝
  • 03 室町幕府が京都を選んだ理由~足利尊氏
  • 04 和同開珎は通貨ではなかった?~平清盛
  • 05 基幹航路は日本海と瀬戸内海~上杉謙信
  • (06以降に続く)
※今後の内容は変わる可能性があります
>> 一覧
 

 「経済」を視点に、日本史を学び直す。

 教えてくれるのは、テレビやラジオでおなじみの本郷和人・東京大学教授。土地、貨幣、貿易、都市、金銀鉄などを軸に歴史を通観する。

 第1回は「土地制度の日本史 その1」だ。

 キーパーソンは天武天皇と持統天皇。天武天皇は「大王(おおきみ)」と呼ばれていた天皇の呼び名を「天皇」に変えた人物。持統天皇はその夫人で、天照大神(あまてらすおおみかみ)のモデルになったと言われている。

小倉百人一首に登場する持統天皇(提供:首藤光一/アフロ)

 この夫婦が古代の日本を刷新したといっても過言ではない。数々の重要な制度を導入した。今回はその中で土地制度にスポットを当てる。

 両天皇は中国の律令(法)を日本に合うよう修正して取り入れた。「法による支配」を目指した。

 この律令でうたわれている土地制度が「公地公民」だ。日本人にとって何より大切な財産である土地を統べる仕組み。全ての土地はみな(天皇)の物とし、私有を認めないものだった。

>>続きは動画

本郷和人(ほんごう・かずと)
東京大学史料編纂所教授
1960年生まれ。東京大学・同大学院で日本中世史を学ぶ。専門は中世政治史。史料編纂所で古代資料部門を担当する。著書に『考える日本史』『承久の乱 日本のターニングポイント』など。