全1475文字
今回のチェックポイント
  • ●デザイン経営が注目される背景は?
  • ●デザイン経営で株価は上がるのか?
  • ●あの日本企業もデザイン経営を実践
ラインアップ(毎週火曜日掲載)
  • 01 「デザイン経営」とは何か
  • 02 なぜ今、「デザイン経営」が必要なのか
  • 03 「デザイン経営」は“恋愛”ではなく“結婚”
  • 04 世界の事例(1)~SaaS Plus a Box(米Peloton)
  • 05 世界の事例(2)~D2C(米Away)
  • 06 日本は世界で勝負できるか
  • 07 「デザイン思考」は効果あるのか
※今後の内容は変わることがあります
>> 一覧

丸尾弘志(日経BP総研デザイン・イノベーション センター長):最近、「デザイン経営」という言葉が、イノベーションのキーワードとなっています。日本の産業の成長、高付加価値化のカギとして注目されていますが、その実態をよく理解してない人も多いと思います。

 そもそも、「デザイン経営」とは何でしょうか。これまでは「デザイン」というと、かっこいいプロダクトを作るとか、企業のロゴをきれいにするとか、色を変えて目新しくするとか、そういう視点で語られることが多かったと思います。しかし、「デザイン経営」とは、こうした話とは何が異なるのでしょうか。

田川欣哉(Takram代表取締役):この5年から10年の間、特にデジタル、インターネットのテクノロジーがスマートフォン(スマホ)で浸透した世界の中で、すごく競争力の高いサービスやプロダクトを世の中に届けている企業が、率先してデザインを活用している事例がとても増えてきています。