今回のチェックポイント
  • ●トランプ大統領をどう見る?
  • ●ポピュリストの常とう手段とは?
  • ●英国の欧州連合(EU)離脱をどう見る?
ラインアップ(全7回、毎週火曜日掲載)

東 昌樹(日経ビジネス編集長):トランプ米大統領をどのように評価していますか。

リチャード・セイラー(米シカゴ大学教授):トランプ大統領は間違っています。彼のような政治家は「恐怖」という人類最悪の本能を「炎上」させて台頭します。こういうやり方はポピュリストの常とう手段です。例えば人種を取り上げて「××人は怖い……」などと言う。対象は何でもいいと考えているのでしょう。

 私は資産運用会社の運営にも関わってきましたが、投資の世界では分散投資が良いこととされているでしょう。国も同じです。多様性は大事です。

>>続きは上の動画をご覧ください
>>雑誌に掲載した編集長インタビュー

リチャード・セイラー(Richard Thaler)
米シカゴ大学教授・行動経済学者
1945年米ニュージャージー州生まれ。74年米ロチェスター大学で博士号取得(Ph.D)。米コーネル大学、米マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院などを経て95年から現職。行動経済学の研究で、2017年にノーベル経済学賞を受賞した。