全563文字

行動経済学で2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー米シカゴ大学教授。人の行動を良い方に促す「ナッジ」がある一方で、その逆の「スラッジ」もあるという。