行動経済学で2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー米シカゴ大学教授。人の行動を良い方に促す「ナッジ」がある一方で、その逆の「スラッジ」もあるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り541文字 / 全文563文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題