全1393文字
今回のチェックポイント
  • ●経営チームの人選で重視したことは?
  • ●「議論のための議論」もした方がいい?
ラインアップ(全12回、毎週火曜日掲載)
  • 01 常に傍流を歩いてきた
  • 02 自分の意見に同意されると不安に
  • 03 「わからない」ことだらけだった
  • 04 “Self Confidence”こそ大切だ
  • 05 肩書で仕事をするな、人格でしろ
  • 06 「感動」をビジョンに掲げたワケ
  • 07 妥協しないモノ作りを取り戻す
  • 08 「トップのこだわり」で現場を鼓舞
  • 09 エレキは復活できると確信していた
  • 10 “オートパイロット”にはならない
  • 11 リーダーに必要な発信力の磨き方
  • 12 もっと「日本」をアピールしよう
※今後の内容は変わることがあります
>> 一覧

 経営チームをどういうメンバーにするかを考えた時、一番重視したのは、特にエレクトロニクスのビジネスが大変苦しい状況だったので、エレクトロニクスのビジネスを中心としてソニーを復活させていくんだという強い意志とコミットがあるかということ。

 それから、これは私が多様性を重視する、“異見”を重視するというところからも来ているのだが、いろいろな物の見方を臆することなく議論できる人たちかどうかという視点で選んだ。

 よって、よくある“イエスマン”というものがあるが、逆に私は自分の意見に「そうですね」と同意されると心配になる。あえて、議論のための議論、と言える部分もあるかもしれないが、違う見方があるんだということを必ず言ってくれるマネジメントチームにしようと、初めから考えて、そういう人選をした。

 これは当然だが、やはり、それぞれの事業部門や子会社のビジネスを熟知していること。そして、事業部なり子会社なりのリーダーとして、社内で違う意見を聞いて、取り入れるだけの度量がある人物をマネジメントチームに選んだ。

>>続きは動画

>>雑誌に掲載した経営教室

平井一夫(ひらい・かずお)
ソニー 取締役 会長
1960年12月、東京都杉並区に生まれる。67年、父の転勤で米ニューヨークへ。71年、日本に帰国。73年、カナダ・トロントへ。75年、日本に帰国、調布市のアメリカンスクール入学。77年、米サンフランシスコへ。78年、単独で帰国、アメリカンスクールへ。79年9月、国際基督教大学(ICU)教養学部入学。84年4月、CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)入社、94年 ソニーミュージックのニューヨークオフィスに赴任。95年、ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE、現ソニー・インタラクティブエンタテインメント) 米国法人(SCEA、在サンフランシスコ)へ出向、96年SCEA EVP(上級副社長)兼COO(最高執行責任者)に就任。99年SCEA 社長兼COO、2003年SCEI コーポレート・エグゼクティブCOO、06年SCEI 社長兼COO、ソニーのグループ・エグゼクティブ(グループ役員)、07年SCEI 社長 兼 グループCEO(最高経営責任者)、09年ソニーEVP(ネットワークプロダクツ&サービスグループプレジデント、11年副社長(コンスーマープロダクツ&サービスグループ プレジデント)、12年社長兼CEO、18年4月から現職