“おせち戦線”ではコンビニ苦戦?

 最後に、「購入(予定)者」の購入先、購入(申し込み)方法に関する回答結果を紹介する。

 購入先としては「スーパー」がトップで29%。以下、僅差で「デパート」(22%)、「専門店」(20%)と続く。一方、コンビニエンスストアは4%に過ぎなかった。業界としては苦戦が続くスーパー、デパートだが、ことおせち料理に関しては今でも、コンビニエンスストアが太刀打ちできない強い存在感を有しているようだ。

 購入(申し込み)方法については、トップは「店舗などで直接申し込み」(46%)で、「ネットで申し込み」は27%。

 利用層の年代分布の影響もあろうが、こちらに関しても、時代の流れとは少々異なる結果となっている。

 いろいろな不満が寄せられたおせち料理。ただ、おせち料理について、家族や友人らとあれこれ言いながら過ごすお正月も楽しいもの。読者の皆さんも、ぜひよいお正月をお迎えください。

データ協力:「不満買取センター」
世の中のあらゆる不満を買い取り、データ解析を通じて、企業や社会によるサービス改善や商品開発を支援している。