「作らないと嫁失格みたいに言われることが不満」

 次に、料理内容以外に関する不満を見ていこう。まずは、「購入(予定)者」から。

 下図がそのアンケート結果だが、「値段が高い」(34%)と「重箱は不必要」(25%)の二つが大きな不満であることがわかる。

 代表的な不満は、以下のようなものだ。

「値段が高くてボリュームが少ない。正月だから仕方なく買っているだけ」(35歳、男性、会社員)

「立派な重箱は要らない。毎年頼むと重箱がたまっていく。捨てるにはもったいないくらい立派な重箱だし…。使い捨てにしてその分価格を抑えるべき」(51歳、女性、専業主婦)

「重箱の豪華さは求めていないので、もっと内容で勝負してほしい」(28歳、男性、会社員)

 その他で挙がったのは、「カタログ・見本との差」(11%)「配送日時が読めない」(11%)「カスタマイズできない」(7%)といった不満。

「味見も出来ず、値段も高いので、賭けのようなもの。一品ずつ、味に関するわかりやすい説明がほしい」(45歳、女性、専業主婦)

「写真などを見ての予約になるので、届いた後こんなはずではなかった、と思うことがある」(66歳、男性、パート・アルバイト)

「デパートでおせち料理を頼むと、配送日が指定の二日間のどちらかといったことがあり、届くまで家から出掛けられない。通常の宅配のように時間をだいたいでいいので決めて欲しい」(44歳、女性、その他)

「年末の配送は、混むためだろうが指定時間に遅れることが多々ある。もう少し配送に工夫をして欲しい」(58歳、男性、会社員)

「種類が豊富なのは嬉しいが、自分好みではないものが必ず2品以上は入っている。何種類かある中から、数種類を選んで詰め合わせることができるというものが一般的になってほしい」(34歳、女性、専業主婦)

 一方、おせち料理を購入する予定がない回答者からの、料理内容以外に関する不満を示したのが下図。

 「購入(予定)者」からの回答と比べると、「おせち用材料の高騰」(19%)、「手作りへの強要感」(12%)、「作る際の時間と手間」(7%)」といった不満が特徴的だ。

「作らないと嫁失格みたいに言われることが不満」(35歳、女性、専業主婦)

「作っても旦那は食べないし、子供は乳幼児で食べられない。なのに、義父母は、お正月には手作りのおせち料理を持ってくることを強制してくる」(36歳、女性、専業主婦)

「作るのに手間がかかるわりに、食べる側には新鮮味や期待感がなく、たいして反応がない」(61歳、女性、専業主婦)

「作るのに時間がかかるわりに、いつもたくさん残る」(25歳、男性、会社員)