日経ビジネスでは7月20~24日に「副業とお金に関する調査」をインターネット上で実施し、合計210人から回答を得た。副業をしている人の3分の1は副業による月収が5万円未満。それに対して、副業希望者は5万~10万未満を期待している人が4割弱を占めている。副業に向いている職種についても調査した。

 副業をしている人は月いくら稼いでいるのでしょうか? なかなか面と向かっては聞きにくいこの疑問を解消すべく、日経ビジネスは7月20日~24日にインターネット調査を実施。210人から回答を得ました。

 今回の回答者のうち、「副業をしている」と答えた人は36.7%、「かつてやっていた」は11.4%、「興味はあるがやっていない」が48.1%、「興味がない」が3.8%でした。回答者の税込み年収を聞いたところ1000万円以上の人が23.3%。国税庁の民間給与実態統計調査(平成28年分)によれば年収1000万円以上の人の割合は4%強ですので、本アンケートの回答者に高所得者の比率が多いことは留意が必要です。