ゲーム用半導体というニッチ業界の1社だった米エヌビディアが、AIで躍進を遂げることができた理由はどこにあるのか。

 同社の最大の強みであるGPU(画像処理半導体)。同時に複数の計算をこなす「並列演算」が得意で、もともとはグラフィックコンピューティング向けの半導体だ。同社はこのGPUが、大量のデータを同時に学習しなければならないAIに向いていることにいち早く気付いた。

 「千載一遇のチャンス」。AIの登場をこう捉えたエヌビディアのジェンスン・フアンCEO(最高経営責任者)は、経営資源の多くを一気にAI関連ビジネスに振り向けた。

 ただし、それによって同社は多大な“犠牲”を払った。その一部始終を、フアンCEOが語った。

(聞き手は島津 翔)

前回から読む)

エヌビディアのGPUはゲームやスーパーコンピューターの世界でシェアも高く、世界的に有名でした。そのGPUが、AI、特にディープラーニング用で力を発揮すると気付いた。ただし、「気付く」のと「ビジネスにする」のとでは大きな違いがあります。

ジェンスン・フアンCEO:5年ほど前、エヌビディアは米国のスタンフォード大学などと、グーグルの初期ブレインプロジェクトに参加しました。このプロジェクトで、AIにおけるGPUの可能性をエヌビディアの全社員が認識したのです。ディープラーニングを進化させるのはGPUだと。

ジェンスン・フアン氏
エヌビディア共同創業者兼CEO(最高経営責任者)
1963年、台湾生まれ。LSI Logic でエンジニアリングやマーケティング、および総括経営に携わった後、米AMDでマイクロプロセッサーの設計に従事。オレゴン州立大学で電気工学理学士号、およびスタンフォード大学で電気工学修士号を取得。1993年、エヌビディアを共同創業
(写真=林 幸一郎)

 ただ、後から考えると、これは必然だと分かりました。

 私たち人間の頭脳は世界一の並列コンピューターなんです。見て、聞いて、匂いをかいで、考えて……ということを同時にできる。しかも、異なる考えを頭の中で同時進行させることができる。

 一方で、GPUはコンピューターグラフィックスのために生まれました。世界で最も並列演算が得意な半導体です。

 ここで、人間の思考というものを考えてみましょう。思考すると、人間は心の中にイメージを作ります。「メンタル・イメージ」という言葉がそれを表しているでしょう。「赤のフェラーリ」を想像する時、頭の中でそのイメージを作っているわけですから。つまり、思考していると、我々は脳の中、あるいは心の中でグラフィックを描いているとも言える。そう考えると、思考というのはコンピューターグラフィックスと似ていると考えることができます。

なるほど。

ファン:だから、グラフィックに最適化されたGPUが、人間の脳を模したディープラーニングに向いているというのは必然なんですよ。

 我々はそこで深く考えました。このディープラーニングという手法は、単に新しいアルゴリズムではない。ソフトウエアの開発を革命的に変え得るものであると。全く新しいコンピューターへのアプローチなのだと。過去50年間で全く解決できなかった多くの問題を解決できるものだと。

 興奮しましたよ。この事実に気付いた時は。そこから、全社でディープラーニングを追求する方向に動いたわけです。