新規事業や新商品・サービスの開発に取り組む際、必ず実施するのが「競合分析」です。どのような競合企業が参入し、どのような商品が提供されているのかを詳しく分析する手続きです。ところが、競争力を高めるための分析には、逆に競争力を落とすことにつながる可能性があります。他社の仕様ばかりにらんでいても、売り上げや利益は伸ばせません。そこから離れた新しい発想が必要なのです。

 「超高精細で画面がきれい。録画時間も長く、3番組同時録画ができるテレビを作ろう」。ある企業の商品企画担当者が立てた新商品のコンセプトです。このコンセプトを打ち出す前、企画担当者は競合企業の商品を分析していました。企画担当者が注目した競合商品の仕様は以下です。

 ・業界最高の高精細
 ・最長の録画時間
 ・2番組同時録画

 そこでこの企画担当者は、競合企業を超える商品を企画しようと考え、冒頭のプランにたどり着きました。企画担当者の思考の流れは以下のようでした。

 ・競合が「高精細」なら自社は「超高精細」
 ・競合の録画時間が200時間なら自社は300時間
 ・競合が2番組同時録画なら自社は3番組

 これは「チャンピオン仕様」のスーパーテレビです。しかも、価格は同等レベルで販売できるようにと……。しかしこれは、この商品を企画している会社に高い売り上げと利益をもたらすビジネスのプランといえるのでしょうか。

競合製品だけを見て企画したテレビは、真のニーズを捉えていない

 「どの競合の商品よりも優れていて、価格が安いものを作る」。実はこのようなプランは誰でも思い付きます。つまりこれは、利益を生み出すプランではなく、比較した商品の中で一番いい仕様のリストを作っただけなのです。

 どの競合商品よりも優れていて安い商品を作るためには膨大な資金と技術、ノウハウが必要です。ですから実際には、仕様が突出しているほど実現可能性は低くなります。ところが、こうした「リスト化」は様々な企業で行われていて、苦労して高い仕様の新商品を作って売り出しています。もっと言えば、他社と同じようなコンセプトで仕様の優劣だけで勝負する商品だと、市場に出た瞬間に激しい価格競争に翻弄されることになります。もちろん、市場で少しでも優位にリードできればよいのですが、仕様で勝負する会社は多いだけに後追いもすぐにやって来ます。