「美容界のディズニーランド」と呼ばれ、顧客に感動を与える経営で知られる北九州市の美容室BAGZY(バグジー)。代表の久保華図八氏は全国で年間100回を超える講演をこなし、業種を越えて数多くの経営者からメンターとして慕われる存在だ。連載第4回は、経営者が幸せにするべき人の4人目として「地域の人々」との関係づくりについて語る。地域を大切にすることで信用が積み重なり、地域の人々から大切にしてもらえる。それが会社の繁栄につながるという(前回の記事はこちらをご覧ください)。

 幸せにするべき人の4人目は、「地域の人たち」です。地域の人たちから必要とされる会社にならなければなりません。

 ボクの会社の小倉店の近くに、「怖い」と有名なマスターのいる飲食店がありました。ある日、小倉店に行ったついでに、近所に挨拶をと思って食べに行きました。うちのスタッフは「え、行くんですか?」とびびっていましたけどね。

 そのお店に入ると、「いらっしゃいませ」も何も言わない。「何がお薦めですか」と聞くと「何が食べたいの?」と言い返されてしまいました。これは手ごわいな、と思ったのですが「実は近くのバグジーのものでして。いつもお世話になっているご挨拶にまいりました」と打ち明けたんです。そうしたら態度が急に変わりました。

15歳で美容業界に入り23歳で独立するが、技術を磨くために渡米。帰国後、北九州市で繁盛店を築く。幹部社員の相次ぐ退職という危機を社員一丸となって乗り越え、社員重視・お客様本位の経営で事業を成長させる。北九州市を拠点に美容室7店舗のほか、カフェ、ネイルサロンなどを展開。大手企業や各種団体などで年間100回以上の講演を行っている。2009年、サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」受賞、13年、経済産業省「おもてなし経営企業選」受賞

 「え、バグジーの社長さん? 何年もの間、うちの店の前まで掃除してくれて、本当に助かっているんだよ」とにこにこ笑い、たくさんサービスしてもらいました。

 もう1つ、これは別の話ですが、あるお店を出店しようと、ビルの大家さんと話しているときに、家賃が高いという話になりました。「高いなぁ」と思って迷っていると、「ところで何のお店なの」と聞かれて「美容室です。バグジーって言います」と答えたら、「ああ、バグジーさん? それじゃあぜひ入ってほしいな。家賃? いくらでもいいからぜひ入ってください」と話がとんとん拍子に進みました。

 どちらも、ウソのようですが本当の話です。

 地域の人たちに喜ばれるお店をつくっていけば、向こうから善意が返ってきてどんどんうまく回り出していきます。地域を大切にすることで、信用が積み重なっていって、地域の人々から大切にしてもらえるようになります。それがないと、会社が本当に繁栄するのは難しいのではないでしょうか。