全4043文字

 サラリーマン兼業の漫画家歴三十余年。代表作は、自分自身のうつ体験をベースにした『うつヌケ』。会社員として漫画家として、仕事の酸いも甘いも味わってきた田中圭一さんに、「ブラック・ジャックに学ぶ仕事論」を尋ねるインタビュー。今回は、漫画論。

 
(イラスト:田中圭一)

 サラリーマン漫画は、供給が足りない。
『ドカベン』を営業に置き換えれば、ヒット間違いなし。
 漫画界にも「池井戸潤」のような作家が求められており、自分にもその役割が期待されていると思うのだけど……。

  “お仕事漫画”の傑作を紹介しながら、語る。

 手塚治虫の生誕90周年の節目に上梓された『もしブラック・ジャックが仕事の悩みに答えたら』(尾﨑健一著・手塚プロダクション協力)とのコラボ企画。

漫画『ブラック・ジャック』の考察に始まったこの連載。前回は、サラリーマン漫画の可能性に言及されました。

 現実には、サラリーマン漫画のヒット作は、あまり多くありません。おそらく、スポーツ漫画のヒット作の数と比べれば、10分の1以下ではないでしょうか。恋愛漫画と比べても、同じくらい少ないと思います。

 それがなぜか、ということなんです。

 サラリーマン漫画のヒット作といえば、例えば、『課長 島耕作』に『総務部総務課 山口六平太』。少し趣向の違うところでは、『釣りバカ日誌』。いずれも連載開始から20年、30年たっても愛され、読まれ続けているロングセラーです。

サラリーマン漫画のヒット作にはロングセラーが多い。左から『課長 島耕作』(弘兼憲史著/講談社)『総務部総務課 山口六平太』(林律雄作、高井研一郎画/小学館)『釣りバカ日誌』(やまさき十三作、北見けんいち画/小学館)

 ヒットは少ないけれど、ヒットしたものはどれも時代を超えて長く愛されている。

 この事実からも察せられるように……。

田中さんは1962年生まれ。近畿大学在学中に漫画家デビューし、卒業後は玩具メーカーのタカラ(現・タカラトミー)勤務を振り出しに30年以上、会社員兼業の漫画家を続けてきた。その間に「売れた絶頂から、売れないどん底への転落を2回経験」。現在は京都精華大学マンガ学部で教壇にも立つ(写真:行友重治)