スタートアップの数で、世界第3位のインド。理系人材が豊富なだけに、世界がインドを目指してくる。ここで成功するコツの1つは、現地のインナーサークルに入ること。ただし、簡単ではない。どんな対応をされても、怒っても、やさぐれてもいけない。

女子学生の参加も多い政府主催の大学連携のフィンテックワークショップ

 最近、日本から弊社への問い合わせとして、「インドでスタートアップと連携したい」とか、「オープンイノベーションをインドでトライできないか」というような相談が増えている。世界の有力企業は既にインドで連携を始めているが、それを日本企業が言い出しているところが興味深い。「まずは日本国内でオープンイノベーションを、その次はシリコンバレーで」というのが日本企業のパターン、と勝手に思っていた自分にしてみれば驚きだった。

 インドは IT 大国とのイメージは日本でも強いかもしれない。ただし、最近のインドは単なる IT業務の下請けや開発のアウトソーシングが行われているだけではない。既に世界の大企業の1000社近くがインドに R&D 拠点を構え、その数は今後も増える一方だ。

 グーグルやアマゾン、マイクロソフトといったアメリカ系大手IT企業もそうだが、ボッシュやダイムラーといったヨーロッパ系大手製造業、Uberやテスラといったグローバル系大手スタートアップ、Grabのようなアジア系スタートアップも、インドの優秀なソフトウエアエンジニアや裾野の広さを求めてR&D拠点を開設している。

 すべての産業でITエンジニアが必要になっている。自社の業務/サービスに「デジタル」をどう取り入れるかという課題に直面していることが、インド進出ラッシュの背景にありそうだ。

 インドでは既に300万人を超えるITエンジニアがいるといわれ、毎年20万人以上の理系学生がIT業界に就職するという。この理系人材の豊富さがインドの一つの魅力でもある。毎年2000万人の子供が生まれるインドでは、大学進学率は低くても母数は巨大というわけだ。

 ITといえばバンガロール(インド南部の中核都市)と短絡的に考えがちだが、アメリカのH-1Bビザ(高度な専門知識を要する職業に就くためのビザ)保有者を、インドから最も多く輩出しているのは、実は新旧合わせたAP州(インド南部の現アンドラ・プラデシュ州とテランガナ州)だったりする。育てれば輝く原石はインド中にゴロゴロしているのだ。

 理系卒業生の数だけではない。インドで毎年創業されるスタートアップの数も多い。インドのスタートアップの数はアメリカ、イギリスに次ぐ世界第3位で4800社を数え、2016年には1年で1400社が創業したという。インドのスタートアップの数がイギリスを抜いて世界2位に浮上するのは時間の問題でしかないし、アメリカのスタートアップでもシリコンバレーにおけるインドの人たちの関与も多く、世界中で「インド」または「インド人」が関係するスタートアップの数は増える一方と言ってもいいだろう。