新著『たった3品で繁盛店はできる!』を出したばかりの楽コーポレーション(東京・世田谷)宇野隆史社長。同社から独立したOBが次々と地方で繁盛店を実現しているのを見て、地方に出店するのは優れた選択肢だと思うようになったという。ただし、漫然とした店を出すだけでは成功はおぼつかない。宇野氏が考える地方で繁盛する秘訣とは何かを語ってもらった。

 地方に店を出すのもいいな――。そんなことを思ったのは何十年も前に、うちから独立した子が鳥取県の米子に出したばかりの店を訪ねたときのことだ。その店の2階にはバーがあってさ。マスターはカクテルの世界大会に出たことがあるとかいう人で、お通しにシッタカ(巻き貝の一種)という小さな貝の料理が出たの。それで、「これ、毎朝息子と一緒に海に採りに行ってるんですよ」って言うわけ。わぁ、地方の個人店の商売っていいなと思ったよね。シッタカがチェーン店のお通しに出てきても何も思わないけど、マスターがちょっとそんな話をしてくれるだけで目の前に彼の豊かな人生が広がってさ。店がすごく魅力的になったんだよね。

 

 マスターは次の日の朝オレに電話してきて、「宇野さん、ゴルフに行こうよ」って誘ってくれた。当時はバブルの頃だったから、東京辺りでは当日急に行けるゴルフ場なんてなかったから驚いてさ。それで、プレイをしている最中に彼がゴルフ場の外の小高い場所を指して、「宇野さん、あそこの緑の屋根の家、うちなんですよ」って言うの、バー1軒で家を建てられて、親子で毎朝海辺に行ける。東京ではムリでしょ。だからそのとき、これからは地方じゃないかって思ったんだ。

 

 でももちろん、地方だからってどこでも魅力的な店になるわけじゃない。八ヶ岳にあるオレの別荘の辺りから清里に抜ける道に、最近は飲食店がかなり増えてきたんだけどさ。お客さんが入っている店と入っていない店が見事に分かれるんだよね。中でも飛び切り人が入っているのが、地鶏や卵を売っている店がその隣でやっている親子丼の店。ここは前からある店で午前11時に開店するんだけど、10時頃行ったらもう駐車場が満杯。その時はたまたま日曜日だったとはいえ、そこに行く途中のイタリアンやら手打ちそばの店はいつも全然人が入っていないのに、この人気はなんなんだろうと思った。

宇野社長の別荘がある八ヶ岳の辺りには、地元産の鶏や卵を使った親子丼でお客を魅了する店がある(写真はイメージ)