居酒屋はラクな商売?

 居酒屋は、八百屋で50円で買ってきたトマトを冷蔵庫で冷やして切って出せば、300円になる商売。100円で買ったサンマを焼いて出せば数百円になる。野菜を育てたり、漁に出たりする苦労は全部農家や漁師まかせで、飲み物は酒屋が店まで届けてくれる。考えることといったら、どうしたらお客さんが楽しくお酒の杯を重ねてくれるかなということぐらい。お酒の杯が重なれば、必ず料理のオーダーも増えるから客単価が上がり、店を繁盛させることができる。

 杯を重ねてもらう工夫だって難しいことは何もない。暑い日に店の入り口で、いらっしゃいませと同時に「まずは生ビールいきますか」って言うだけでオーダーをもらえて、おしぼりより早いぐらいに冷え冷えのビールを持っていけばお客さんに喜んでもらえる。生産者の苦労に比べたら、本当にラクな商売だ。

「貮古玉一本堂」では、小さなスペースもムダにしない。入り口には満席時にお客が立ち飲みできる小さな台を置き、この席ではドリンクを50円引きで提供
「貮古玉一本堂」では、小さなスペースもムダにしない。入り口には満席時にお客が立ち飲みできる小さな台を置き、この席ではドリンクを50円引きで提供

 うちのアルバイトの子の親父さんが学校の先生でさ、うちやOBの店をすごく気に入ってくれているの。だから先日会ったとき「生徒さんたちに、ちゃんと人生の選択肢として居酒屋というのは、すごくいい選択肢なんだぞって教えて下さいね」って話したの。どんな子でも大変な努力をしなくたって一般的な会社員よりいい稼ぎを得ることができる上、自分の店を支えてくれる生産者や業者への感謝の気持ちが常に持てる。こんなに豊かな職業って他にないんじゃないかって、オレは真剣に思うんだよね。
(構成:大塚千春、編集:日経トップリーダー

本連載が書籍になりました!
『たった3品で繁盛店はできる!』

「汁ベゑ」「くいものや楽」といった人気店を次々につくってきた居酒屋業界の元祖・イノベーター、楽コーポレーション宇野隆史社長の新刊『たった3品で繁盛店はできる! 居酒屋の神様が教える小さな商売のつくり方』が好評販売中です。

 繁盛店をつくる武器は、本当においしい料理が三品あれば十分。誰でも一国一城の主になれる繁盛店の4つの基本――。店づくり、接客、人材育成、商品づくりに分けて、外食業界一筋50年の宇野社長が考える商売のコツを軽快な調子で語ります。外食業界で繁盛店を目指したい方はもちろん、これから個人で小さな商売を始めてみたいと考えている方全てに役立つ視点が満載。ネット書店、お近くの書店などでぜひお買い求めください。

<主な内容>

  • 第1章 【店づくりの基本】繁盛しない店なんてない!
  • 第2章 【接客の基本】200%の力でお客さんを笑顔にする!
  • 第3章 【人材育成の基本】誰にもある商売の素質を引き出す!
  • 第4章 【商品の基本】一番の武器は自分に身近なところにある!