企業の破綻には定石がある。今回はその1つ「幸運なヒットが災いになる」について、実際の破綻事例をもとに考えてみる。

 ここで紹介する会社は、節電ブームを追い風に冷感寝具をヒットさせ、工場新設や本社移転などに投資した寝具メーカーだ。しかし、“2匹目のドジョウ”を狙った新商品は当たらず、売り上げ維持のために取った戦略は結果的に経営破綻を招くことになった。

(写真/PIXTA、写真はイメージです)

 寝苦しい夜にひんやりとした肌触りで暑さを和らげる冷感寝具。東日本大震災による節電意識の高まりをきっかけに、注目を集めた。その1つが、敷布団の上に広げる敷きパッドで、室温より1.5度低くなる性質のジェルを用いた「ひんやりジェルマット」。2011年には前年の2倍以上売れ、生産が追いつかないほどのヒット商品になった。

 これを製造・販売してきたヒラカワコーポレーション(東京・中央)が、東京地方裁判所に破産を申し立て、2016年11月9日に開始決定を受けた。東京商工リサーチによれば、同年1月期の負債総額は約28億8000万円。既に同年8月に全従業員を解雇して弁護士に事後処理を一任、事実上事業停止に追い込まれていた。

節電意識の高揚を追い風に売り上げを倍増させる原動力となった「ひんやりジェルマット」

 同社の設立は1989年。寝具や寝装品などの製造と販売を手掛けてきた。法人登記簿には、羽毛寝具、衣料製品や畳材料の輸出入なども設立の目的と書かれている。

 製造は中国で行っていた。1994年、江蘇省に合弁会社を設立して羽毛製品の製造を始め、寝装品の製造工場や畳材料を扱う会社を合弁または独自資本で、次々中国に開設した。