ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』シリーズの著者である、法政大学大学院の坂本光司教授が、ある論文の中で社員のモチベーションについて書いていらっしゃいます。

 その主旨は、「人事制度や給与制度はほとんど社員のモチベーションに影響を与えません。影響するのはリーダーの人格です。経営者や上司への信頼が薄れた時に、最もモチベーションが低下することが判明しました。どんな制度をつくるかではなく、どんなリーダーがいるかが大事なのです。経営者が自分自身を変えず、自分以外のものをいくら変えても会社はよくなりません」というものでした。

 社員のモチベーションが低いのは、社員の責任ではなく経営者の人格にある。そうと分かれば、経営者は人格を高めればよいわけです。

経営者とリーダーは人格を磨け

 では、人格を高めるにはどうすればよいのでしょうか?

 中小企業の経営者で、自分は人格が高いと思っている経営者はほとんどいないのではないかと、個人的には思っています。みんな自分の人格が低いために失敗をし、社員に迷惑ばかりかけていると反省しているのではないでしょうか。私も毎日、反省ばかりしています。もっと準備をしっかりしていればよかったと実力不足を痛感することが多々、あります。

来客は古田土所長以下、全員が立って挨拶して迎える。整理、整頓、挨拶、言葉遣いなど環境整備に力を入れている
来客は古田土所長以下、全員が立って挨拶して迎える。整理、整頓、挨拶、言葉遣いなど環境整備に力を入れている

 ただ、経営者、リーダーは自分では人格が低いと思っていても、社員やお客様などの関係者から人格が高いと尊敬されればよいのではないでしょうか。すなわち、自分がどう思っているかではなく、他の人からどう思われているかが大事なのではないでしょうか。

 他人から人格が高いと思われる方法、また、自分自身の人格を高める方法として、私は経営計画書の経営方針書に、すばらしい未来像を描くことを勧めています。

 目標とする会社の未来と社員の未来をしっかり描くのです。書いた以上、社長自身もそこに向かって具体的な努力をしないわけにはいきません。まず宣言し、それに向かって努力する「有言実行」です。社員がそれを読んで、「社長はそこまで自分たちの将来を考えてくれているのか」という内容を書けば、社員は社長を尊敬し、信頼して、ついてきてくれます。

 さらに個別方針では、整理、整頓、清掃、躾、作法、挨拶、言葉遣いなど社内の環境整備に力を入れると宣言します。これを社長が先頭になって実践していけば、間違いなく社長の人間性が向上し、尊敬される人格になれるのではないでしょうか。

 向上していく社長の後ろ姿を見て、社員は経営方針書に書かれていることの本気度を感じとり、その方針に協力し、社員自身も変わり、社員のモチベーションが高まるという好循環につながっていきます。

 古田土式経営計画書は社長が変わり、社員のモチベーションが高まる、まさに魔法の書なのです。

(構成:菅野 武、編集:日経トップリーダー

著者、古田土満氏の新刊を発売しました

著者自身が経営に取り入れている、社長と社員が目標に向かって一丸となる経営計画書の作り方と、その実践方法についてまとめた新刊書『ダントツ人気の会計士が社長に伝えたい 小さな会社の財務 コレだけ!』を発売しました。財務のどこに手を打てばいいのかが分かる未来会計図、利益の出し方とお金の残し方が分かる月次決算書など、著者が長年の経験からつくり上げた小さな会社のための財務ツールについても丁寧に解説しています。詳しくはこちらから。