台風被害で業績悪化は、経営者の怠慢か

■ 地下水への雨水浸透量を精査し、水リスクをきめ細かく分析

現在の雨水浸透量(左)の赤線は河川。現在の雨水浸透量と、IPCCの「RCP8.5シナリオ」の環境下における2040年の雨水浸透量予測(右)では、地下水への雨水の浸透量が20%近く低下する。結果として、下流域の年間河川流量が約10%(260万m3)減ると予測された
提供:Water World
閉じる