ESG(環境・社会・ガバナンス)に積極的に取り組む企業に投資する「ESG投資」が注目を集めている。ただ、ESGの取り組みが財務パフォーマンスにつながっているとは、一概には言えない。

 野村アセットマネジメントが、世界の主要企業のESG評価と収益性の関係を分析した。その結果、短期的にはコスト要因となるが、長期的には収益を生み出すことがわかった。

 例外が日本だ。ESG評価が高いほど収益性が低くなるという結果が出た。そこには、日本企業特有の3つの理由があるという。同社の担当者に聞いた。

ESG投資に力を入れる機関投資家が増えている。

今村敏之氏
野村アセットマネジメント責任投資調査部長。1994年に入社後、国内の公的年金基金向けの日本株式や外国株式の運用に従事。その後、ニューヨークで米国株式の調査や、ロンドンで外国株式ファンドの分析などを担当。2016年4月より現職(写真:中島正之)

今村:2000年代前半にESG投資が盛り上がったが、結局、長続きしなかった。それは、ESGと財務パフォーマンスの関係が不明瞭だったからだ。よく企業や投資家から「ESGが企業収益や投資リターンにどれだけ結び付いたのか」という質問を受ける。こうした質問があるうちは、ESG投資は根付かないだろう。

 投資家が注目しているのは、投資先の企業価値だ。企業価値は、企業が生み出すであろう将来のフリーキャッュフロー(FCF)を現在価値に割り引いたものである。つまり知りたいのは、企業の「将来」だ。

 財務情報はこれまでの事業活動の結果にすぎない。企業の将来を決めるのは、未来の企業活動であり、その多くは非財務情報である。ESG評価機関は、企業のこれまでの取り組みを評価していることが多い。ESG投資を根付かせるには、未来志向の情報開示や評価が必要となる。