WindowsOSの圧倒的シェアを背景に、IT業界の頂点に君臨していた米マイクロソフトだったが、モバイルやクラウドなど新しい技術分野への対応の遅れという高シェア企業が陥りがちのパターンにはまり、社内には停滞感があった。そんな中、2014年2月にCEOに就任したサティア・ナデラは、組織文化の再構築を最優先事項に掲げ、数々の改革に取り組んだ。その結果、マイクロソフトは再び輝きを取り戻しつつある。そこで、企業戦略分析の専門家でIT業界に詳しい早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授に、ナデラの近著『Hit Refresh』を通じて、ナデラの経営手腕とマイクロソフト復活戦略を分析してもらった。根来教授によると、日本の企業経営者にも、参考になる点がたくさんあるという。