注目はこの選手。

陸上ファンにはおなじみの、設楽悠太選手!(東洋大学→HONDA)

 メディアアーティストの落合陽一さんにちょっと似ていますが、設楽悠太選手(東洋大→HONDA)です。双子の兄・設楽啓太(東洋大→コニカミノルタ→日立物流)とともに、東洋大学を箱根駅伝優勝に導いたことで、陸上ファンの間ではおなじみ(ですよね)。

大学時代は双子の兄の設楽啓太選手(東洋大学→コニカミノルタ→日立物流)とともに、東洋大学を箱根駅伝優勝に導きました。右が兄、左が弟

 元箱根駅伝7区区間記録保持者(今年、青山学院大学の林圭介選手により更新される)でありながらも、学生時代はどちらかというと兄のほうが目立つ存在でありましたが、大学卒業後は記録を伸ばし続け、世界陸上北京、リオ五輪で10000mトラックに出場。

世界陸上北京大会やリオオリンピックで10000mトラックに出場した設楽悠太選手。大学卒業後に着々と記録を伸ばしております

 と、そもそも輝かしい経歴をもつ選手なのですが、昨年の夏以降から、この設楽選手、とにかくすごいのです。好記録を連発しているんです。

設楽悠太、無双の先に

日付 レース名 記録 成績
7月13日 ホクレン網走10000m 28分24秒60
9月9日 プラハグランプリ10K 28分56秒
9月16日 ウスティハーフマラソン 60分17秒 日本記録更新
9月24日 ベルリンマラソン 2時間09分03秒 自己ベスト
11月25日 八王子ロングディスタンス10000m 27分41秒97 日本人トップ、自己ベスト
12月3日 甲佐10マイル 45分58秒 優勝
1月1日 ニューイヤー駅伝 4区区間賞
1月21日 都道府県駅伝 7区区間賞
2月4日 丸亀ハーフマラソン 61分13秒 日本人トップ
2月11日 唐津10マイル 46分12秒 優勝

 1つ目のポイントは、9月に立て続けに走った3つのレース。

 セオリーですと、フルマラソン直前はレースを入れないものですが、設楽選手はハーフマラソン日本記録を更新するペースで走りながらも、翌週にベルリンマラソンで2時間10分を切る自己ベストを更新。この3連戦を、設楽選手はあの厚底シューズ「VAPORFLY 4%」で走り切ります。

 以前こちらのコラムでも、「VAPORFLY 4%」はそれまでの自らのフォームとハマるかどうか、両刃の剣であることを書きましたが、どうやら設楽選手にとって「VAPORFLY 4%」は、ズバリはまったシューズなようなんです。

 次のポイントは、11月25日の八王子ロングディスタンスでの自己ベスト。これはトラック競技でありますから、選手はスパイクシューズで走ります。

 が、設楽選手の足元を見てください。

トラック競技なのにスパイクシューズを履かず、「VAPORFLY4%」で自己ベストを更新!

 外国人選手も皆、スパイクで走る中、設楽選手だけが「VAPORFLY 4%」で走っているのです。しかも、スパイクを履かずに自己ベストを更新。スパイクを履いて走った7月のトラックレースよりも格段に良いタイムを叩き出しているのです(7月の網走は暑くて、全ての選手のタイムは低調だったとはいえ)。

 圧巻だったのは1月21日の都道府県駅伝。1km2分50秒という高速ペースで淡々と走り、

1月21日の都道府県駅伝、埼玉県代表の設楽悠太選手(右)は1km2分50秒というハイペースで淡々と走り、前を行く長野県代表、關颯人(せき はやと)選手をするりとかわす!

 前を行く長野県の關颯人(せき はやと)選手(東海大学のエースランナーですよ)をするりとかわして、そのまま大差をつけてゴール。

結果は、大差を付けてゴール!個人としても、7区で区間賞を獲りました

 昨夏からあらゆるレースで無双状態だった設楽選手が、今年の東京マラソンに出場する。しかも、本人自ら「日本記録更新を目指す」と言っているのですから、これは絶対、注目なのです。