これがNIKEの新シューズ、「NIKE REACT」。「VAPORFLY Elite」じゃなかった・・・

 「NIKE REACT」・・・

 「ランをどこまでも楽しくする 新感覚クッション搭載」

 いやいや、ぼくが履きたかったのは、NIKEが2時間切りを目指して開発した伝説的イベント、あの「Breaking2」で使われたシューズなのに。

ガチ度は低い「NIKE REACT」でしたが・・・

 むむむ。「VAPORFLY Elite」じゃないのね。ガチでシリアスなモデルを期待していたぼくでしたが、でも、これがよかったのです。

 そう、この「NIKE REACT」。NIKEのイノベーションの象徴ともいえる厚底シューズ。

 「VAPORFLY Elite」はトップランナーだけが味わえるイノベーションでしたが、この「NIKE REACT」は誰しもが味わえるNIKEのイノベーションシューズだったのです。たぶん、この年末年始、「NIKE厚底シューズを履いてみたい」と思ったあらゆる人にオススメできるシューズかもしれません。

「つい小走りしたくなっちゃう」

 ざっと紹介すると「NIKE REACT」、こんなシューズなんです。

  • 厚底ではあるが、「VAPORFLY」や「ZOOM FLY」とは別物である
  • クッション素材の定番であるEVA素材を進化させたものではなく、3年かけて全く新しい反発素材リアクトフォームを開発した
  • リアクトフォームはそもそもマラソン向けでなく、バスケットボール向けに開発したものである
  • 軽さと耐久性、反発性とクッション性という相反課題を解決したソールであること
  • かかとのホールド感がしっかりしているから、初心者だけでなく、それなりに走っているランナーも満足できる走り心地

 周りにいるスポーツメディア関係者は、「このシューズはサブ4向けだな」とか、「あのシューズに履き味が似ている」などと話していますが、それは単にスポーツ店の店頭での置き場所の話であって、この「NIKE REACT」は、走力とかジャンルとかを飛び越した、そのどれも当てはまらない、全く新しいシューズ。

 「走るって気持ち良い」というジャンルを生み出したようなのです。

 そのためか、NIKEジャパンさんの説明も、ちょっとピンと来ない印象でありました。だって、新しい考えのシューズですから、本国の売り文句を直訳しただけだと伝わらないですよね。

 ぼくが感じたところでは、これまでシリアスに走り続けてきて、ちょっと走ることに飽きてきた人にとっては、いつものトレーニングとは違ったランニングを楽しめるもの。そして、これまで走ってなかった人にとっては、子どものころ「きもちよーく走ったこと」を思い出させるような感覚。そんなシューズなのです。

 つまり、競技でもなく、ジョギングでもなく、「履くと、つい小走りしたくなっちゃう」というような、走ることを苦じゃなく、心地よく感じるという新しいカテゴリーをNIKEが生み出したイノベーションだったのです。

 この「NIKE REACT」は、東京マラソンの2日前に販売。NIKE、絶妙だな、と思いましたよ。

 つまり、東京マラソンを観て、「わたしも走ってみたいわ」と思った方が最初に手にとるシューズとして、最適なシューズだったのです。

 と、ここで話は終わりません。

 その東京マラソン、またしてもNIKEの厚底に注目だからです。