「このはげー!」「一線は越えていない」はあっさり落選

 とはいえ大スター豊田元議員の最高傑作と言える「このはげー!」や、不倫疑惑が発覚した今井絵理子参議院議員の「一線は越えていない」など、本命視されていた言葉はあっさり落選した。

 かと思えば、昨年の「保育園落ちた日本死ね」や「新しい判断」(消費増税を再延期した時の安倍首相の言葉)など、同賞の味だった「流行ってるかどうかは別として、文句言う代わりにノミネート」みたいな候補語も、今年はあまり見当たらない。

 ネットでは、そんな今年のノミネート語について、政権への「忖度」だの、ノミネートした豊田語に引っかけて「ちーがーうーだーろー!」などの声も。でもその代わり、「プレミアムフライデー」や「働き方改革」など、ツッコミどころ満載の政府の施策をあえてノミネートして、溜飲を下げた可能性もありそうだ。

 話はそれるが、そういえば、昨年行った授賞式のことも思い出した。「盛り土」など、受賞者辞退や受賞者なしの言葉も多く、「PPAP」のピコ太郎は電話出演だったし、「文春砲」の受賞者は、かぶり物をした「文春(ふみはる)くん」だったし。毎年、そうそうたるメンバーが授賞式に登場する同賞にしては、どうにもさみしい顔ぶれで、とある女性政治家の受賞者がどや顔で壇上に上がったときには、報道席から「小池じゃないのかよ~」と落胆の声が上がった覚えがある。

 その受賞者とは、「保育園落ちた日本死ね」で受賞した、今をときめく山尾志桜里衆議院議員(当時は民進党)。特に芸能界では「流行語大賞を受賞した人は、翌年消える」というジンクスがあるが、ぜんぜん消えてないじゃん。不倫騒動が持ち上がり、民進党を離党したと思ったら、無所属で当選。不倫疑惑のお相手をブレーンに雇い入れるなど、話題を切らさない山尾劇場が今も続いている。