革新的な技術などが登場し、爆発的に普及しそうになると、その年を「なんとか元年」と呼ぶことがある。デジタル時代になって、普及のスピードが速まったからなのかも。昭和の時代は技術革新が起こっても、「電気洗濯機元年」とか、「オートマ自動車元年」とか、あんまり言われなかった気がするけど、Windows95が登場した1995年の「インターネット元年」以降、やたらと「なんとか元年」がやってくるようになった。

 例えば、2001年頃の「ブロードバンド元年」とか、2004年頃の「フィッシング詐欺元年」とか、2010年前後の「スマホ元年」とか。まあ、このへんは元年あたりからほんとに爆発的に広まったけど、なかには業界の希望的観測で元年認定されたものもあり、「元年が来たぞ、来たぞ」と言われたにも関わらず、結局何年たっても爆発しないでスカが続く技術もあった。

なかなかやって来ない「電子書籍元年」

何年たっても実現しない「なんとか元年」の最近の例は「電子書籍元年」。(©Antonio Guillem-123RF)

 自分も記事で何年も、「いよいよ元年が来る」と書いたのに、いつまでたっても普及が爆発しなかった事故物件的「なんとか元年」がいくつかあった。「電子書籍元年」なんかが、そのいい例だ。

 別に電子書籍業界から何か握らされたわけではないのだけれど、見やすくて軽い、その便利さにすっかりノックアウトされ、AmazonのKindleが発売され、アップルのiPadが加わって、リーダー環境が出揃った2010年前後、「電子書籍元年がやって来る!」と3~4年間は書き続けた気がする。

 でも、読者のみんなごめん。電子書籍の市場規模は拡大しているが、2月24日に発売された村上春樹の長編小説「騎士団長殺し」だって電子書籍の発売はないし、2017年の今になっても、電子書籍元年が来たか、来てないかと言われれば、やっぱり来てないわけで。いや、もしかしたら今年来るのかもしれないから、言っておこう。2017年はいよいよ電子書籍元年(かも)。