医師という仕事をしていると、人からいい病院についての情報を聞かれることが多い。

 実際、日本の場合は、お金より情報のほうがいい医療を受けるためには大切となっている。だから、医者に聞くという考え方があるのだろう。

 確かに医者選びというのはサバイバルに直結するものだ。ということで、今回は後で解説するマッチングのランキングが発表されたこともあるので、あてになる病院の探し方について医師の立場から提言してみたい。

日本ではお金より、誰が良い医者かという情報のほうが良い医療を受けるために大切だ(写真はイメージ、©imtmphoto-123RF)

医療の質は情報次第

 国民皆保険のために、大金持ちでも保険診療の病院に入院する。原則的に保険診療の病院では患者のえり好みは禁止されている。要するによほどの理由がない限り、来た患者さんを断ることはできない。また、貧しい患者さんでも高額医療の限度額があり、それ以上は保険が払ってくれるし、生活保護であれば、それもタダだ。

 もちろん、保険で認められていないような高度治療はある。保険で認められていないが、海外で評価の高い抗ガン剤などはもちろん貧しい人には受けられない。ただ、そのような薬の延命効果も実はたいしたことがないことが明らかにされている。重粒子線治療のような治療も一部は保険適応になったが、従来の治療と比べて、有効性にどれだけ差があるのかに疑問符が付けられたりもしている。

 いずれにせよ、一部の例外的な治療を除けば、お金がある人と貧しい人の受けられる治療に原則的に差はない。

 ただ、外科手術に関しては、腕による差は大きい。18人もの患者さんを死に至らしめた群馬大学医学部付属病院の医師がいたことは、群馬では最も高度な医療を行う病院の信用を地に落とした。このうち8人は難しいと言われる腹腔鏡手術後のケースだったが、この手術は腕による差がかなり大きいことが知られている。私が驚いたのは、この大学病院の消化器外科では5年間の開腹手術での死亡率が11.9%に上り、全国平均の3倍以上だということだ。

 この一件は、開腹手術を含めて腕のいい医者、悪い医者での生命予後の差が大きいことと、大学病院のブランドを妄信してはいけないことを世間に知らしめたのだ。

 また、天皇陛下の心臓手術は東大病院で行われたが、執刀医が順天堂大学の医師であったこともニュースになった。昭和天皇の時代も含めて、これまでの天皇陛下への治療や手術に対して、医師の立場から見て疑問符の付くことは少なくなかったが、東大の面子のようなものがあって、外部医師の招請というのはほぼなかった。皇室医務主幹の故金沢一郎先生(この先生は、私が現在勤務する大学院の院長だったこともあり、直接存じ上げているが、まさに人格者だった)の英断にはまさに頭が下がる。

 多くの人が大学名で医者を選んではいけないということを思い知っただろう。

 要するに大金持ちでも情報がなければ、ブランド大学病院に入って、その教授が論文の数で教授になった人で、手術が下手だと分かっても、「よその先生を呼んでくれ」とは言えない。天皇陛下だからできた例外的措置だ。一方で、情報があれば、貧しい人でも天皇陛下の執刀医も指名できる。

 国民皆保険の国では、持っている情報によって受けられる医療の質が決まると言っても過言ではない。