私ごとで恐縮だが、実は高血圧と高血糖の持病がある。血圧は薬を飲まないと最高血圧が200を超え、血糖値は今年1月に一時600を超えた。

 血圧はずいぶん前から高かったようで、心臓の筋肉が肥大して、放っておくと心不全になると医師から言われた。血糖値が600のころは、のどが渇き、水分を摂ると夜中に何度もトイレに起きる羽目になった。

血圧をやや高めに維持するという選択肢もある。写真はイメージ(写真:PIXTA)

 そういうわけで血圧や血糖値を下げる薬を飲んでいるのだが、実は正常値まで下げていない。最高血圧はやや高めの160~170でコントロールしているし、血糖値も150くらいを目安にしている。

 それより下げると頭がぼんやりしてしまうからだ。今回は、私がなぜその決定をしたかについてお話ししてみたい。

内科医は説明が不十分

 外科の世界では、現在、当たり前のようにインフォームドコンセントの考え方がいきわたっている。

 例えばがんの手術を受けるに際して、その手術の危険性(死亡率や失敗した際に起こりえること)を説明したり、手術がうまくいったとしても、ある程度の障害が残りえることを説明する。高齢者の患者には、手術がうまくいっても体力が大幅に落ちるなどといったリスクも事前に伝える。一方で手術のメリットも説明する。その上で、患者が同意すれば、実施する運びになっている。

 ところが内科の場合、血圧や血糖値が高いことが分かると、ほとんどこの手の説明なしに投薬される。

 副作用は説明するかもしれないが、それで足りるとは私には思えない。

 中高年になり動脈硬化が進んでくると、血管の壁が厚くなるので、多少血圧や血糖値が高くないと、脳に酸素やブドウ糖がいきわたらないことがあり得る。年をとるほど血圧や血糖値が上がるのは、動脈硬化に対する適応現象の側面もあるのだ。

 それなのに血圧や血糖値を無理に正常値にまで下げると、相対的な酸素不足やブドウ糖不足のため、頭がぼんやりすることがあり得る。私の場合は、これに当てはまるようだ。