テレビや新聞が批判を恐れるためとか、「客観性」にこだわるためか、読者や視聴者が大体予想のつくような「無難」な番組や記事が多くなっている気がする。このため、本連載ではあえて常識的なことは言わないようにしてきた。別の見方や考え方もあるよということを伝えることに意義があると信じているからだ。

 そういうわけで時に極論と思われるような話もあえてしてきたわけだが、極論にも意義があると思えるようになったのは、榊原英資さんとの対談を通じてだ。

「そりゃ極論だよ」と切り捨てていませんか? 思考の幅を広げると、脳の老化を防いでくれるそうです。(©elwynn-123RF)

極論を知り、想定内の範囲を決める

 榊原さんは大蔵省財務官として、ローレンス・サマーズなど米国との幅広い人脈を駆使して、積極的な為替介入によって超円高の是正に成功し、「ミスター円」の異名をとった。私は榊原さんと対談で本を作ったことがあるのだが、非常に学ぶことが多かった。

 態度が謙虚かどうか以上に、自分はまだまだ知らないことがあると考える、知的謙虚さの必要性も彼から教わった。私が今でも、精神分析では3か月に一度教えを乞いにロサンゼルスに行くのも、神経症の治療法の一つである森田療法のセミナーに通い続けるのも、あるいはイスラム学者の友達やアンチエイジングの師匠など、学べる人がいれば学び続けるのはその影響と言っていい。

 その榊原さんは、アメリカに行くたびに、最も楽観的なエコノミストと最も悲観的なエコノミストに会うとのことだった。どちらも極論と目されているのだが、その見解を知ることで、たとえば為替の相場について、ここからここまでの範囲に収まるという見通しが立つとのことだった。

 国の通貨政策の責任者である以上、どんなことが起こっても対応しなくてはいけないわけだから、この備えあれば患いなしの姿勢には頭が下がったが、そのためにはその対応の範囲を想定しないと無駄が多くなるのも事実だ。そのために極論が必要なわけだ。

 北朝鮮の有事についても、半分以上の確率で起こるという極論から、起こりっこないという極論(私はそう思っている)があるわけだが、どちらが正しいというのではなく、いろいろな可能性がある。そうした極論の範囲でものを考えるという榊原さんの姿勢は、まさに私が考える「知的」そのものである。