巨人戦の視聴率低迷でFAが活況に

 ところがテレビ放送の市場環境が一変する。テレビコンテンツとしてドル箱だった巨人戦中継の視聴率がどんどん低下していく。これは巨人の魅力減少が影響していることも否めないが、主たる理由はスポーツの多様化がもたらしたものだろう。サッカーW杯、五輪、世界陸上、世界水泳、世界柔道、世界卓球、世界フィギュア、米大リーグ、各スポーツのプロリーグ、等々、巨人戦以外にも見るべきものはたくさんある。

 そこで変わってきたのが、プロ野球のビジネスモデルだ。かつては巨人戦ビジネスだったのが、いまは観客収入を中心とした地域密着型のビジネスモデルに移行している。そうした環境変化に伴って、「FA」における選手動向も変化している。

 これまでは、選手の移籍はほぼ巨人にだけ向かっていた。FAでスター選手を揃えた巨人が強くて輝けば、その恩恵は他球団にも及んだ。なにしろ巨人戦の中継が魅力的でそのテレビ的価値があがれば、放映権料として他球団も潤っていたのだ。だから他球団も巨人にFA選手が集まることに寛容だった。

 ところが今は、巨人戦の地上波放送もほとんどない。各球団は自分たちで稼いでいかなければならなくなったのだ。そのためには自前のスター選手を用意して、強いチームを作っていくしかない。

 そこで活況を呈しているのが、昨今の「FA市場」である。

 今秋、「FA宣言」をしている広島東洋カープの丸佳浩選手(外野手)や埼玉西武ライオンズの浅村栄斗選手(内野手)には、複数の球団が数十億円単位の複数年契約を提示しているらしい(浅村選手は、東北楽天ゴールデンイーグルスとの契約が決まった)。同じく西武の炭谷銀仁朗選手(捕手)やオリックス・バファローズの西勇輝投手(投手)などにも各球団が触手を伸ばしている。各チームを自由契約になった選手たちの獲得と並行して、「FA」選手の争奪戦は、これからヒートアップしていくことだろう。

 高額の複数年契約は「FA宣言」した選手たちの望むところだろうが、そこで待っているのは額面通りの活躍だ。応分な活躍があればファンも認めてくれるが、その後鳴かず飛ばずでは「針の筵(むしろ)」に置かれることになる。そして最悪の場合は引退を早める結果になってしまう。かつては、巨人経由で再度どこかに行くことができたが、いまはそれほど甘くない。だからこそ健全な「FA環境」と言えるのだろうが、FAで移籍する選手たちが負うリスクは、高まっているといえるだろう。

 ゴーン氏が金融商品取引法違反の疑いで逮捕された背景には、高額な給与に対する株主を含めた日産内外の不満もあったと聞く。それも内部告発の推進力になったようだ。

 プロ野球における「FA宣言」も、華やかな夢のある話題ではあるが、一方で厳しいビジネスの現実を忘れてはならない。高額な年俸にはそれなりのリスクがある。

 FAを宣言した選手たちは、その期待に応えなければならない。もし思うような結果が出なければ、どんな実力者でも「GONE(去る)」である。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。