日産のカルロス・ゴーン元会長逮捕のニュースは世界を駆け巡った(写真:AFP/アフロ)

 今回は、プロ野球の「FA(フリーエージェント)宣言」について書こうと思っていたが、日本中に、いや世界中に激震が走ったので、導入はこの話題から入ることにする。日産自動車の元会長カルロス・ゴーン氏の件である。

 事件の経緯や是非について、ここで述べるつもりはない。もうすでにあらゆるメディアが取り上げているはずだ。

 この稿でゴーン氏に触れるのは、彼のキャリアについてだ。

 ブラジルで生まれたゴーン氏は、両親の故郷レバノンで育ち、大学からフランスに渡る。その後、仏タイヤメーカーのミシュランに就職し18年の勤務で好成績をあげる。その実績が評価されて仏ルノーの上席副社長としてヘッドハンティングされる。ここでもルノーの再建に手腕を発揮した。

 

 そして、日産の再生を託されて日本にやってきたのが1999年だった。以来、世界が注目する経営者として日産を再び世界的メーカーに押し上げた。近年は、ルノーと三菱自動車工業の経営にも携わり、世界的カリスマ経営者として君臨していた。ところが数々の業績を残しながらも、今回の逮捕劇に発展する……。

 スポーツにおける「INTEGRITY」(誠実、高潔、品格など)を考えるにも格好の材料だが、今回は彼のキャリアに注目して話をプロ野球に戻そうと思う。

 本来は20憶円近い年収があったとされるゴーン氏だが、それを叶えたのはいくつかの転職である。前職からキャリアアップするたびに年収も高騰していく。

 これはゴーン氏に限らず、ビジネス社会では一般的な栄転の仕方と言えるだろう。逆に言えば、サラリーがアップすることを求めて人々は転職していく。今回考えたいプロ野球の「FA制度」もまったく同じ理屈である。

 「FA宣言」をした選手のほとんどが、「自分の評価を聞いてみたかった」と言うが、あえて俗っぽく言えば「年俸がどのくらい上がるのか知りたかった」ということだ。こうした姿勢を非難するつもりは毛頭ない。それは、実績を残した選手だけが手にできる特権だ。極めて健全なプロとしての在り方ともいえるだろう。

 

 ただ、昨今の「FA」事情を見ると、これが健全に(ビジネスライクに)行われるようになった分、金額相応の活躍ができなかったときのリスクを「FA宣言」した選手が負うことになったといえるだろう。

 セ・パ交流戦が始まる2005年前後のプロ野球ビジネスは、まだ読売巨人軍を中心に回っていた。各球団の収益は、巨人戦を主催することで入るテレビ放映権が主体だった。それゆえに経営の厳しいパ・リーグ各チームは、巨人との試合を求めていた。ひと言でいえば、それが交流戦の主旨である。