青木功から「アクセル踏みっぱなしでいろ」

 その4日間のスコアは以下のとおり。

 初日が10アンダー
 2日目が3アンダー
 3日目が6アンダー
 最終日が3アンダー

 4日間トータルで「ノーボギー」の22アンダーだった。

 ゴルフをする人なら「一度でいいからこんなゴルフをしてみたい」というような完璧な内容だが、4日間ボギーを叩かないプレーには、それはそれで苦しみが伴うようだ。最終日の9番でファーストパットが3メートルもオーバーするものの、返しのパットを決めてパーをセーブする。しかし、この時に宮里は思った。

 「なんでだろう? いっぱいいっぱいになってきた」

 「ノーボギー」と最高のゴルフをしていながら、気が付けばプレーシャーの中にいた。

 「途中からボギーを打たないようにゴルフをしている自分がいて、これじゃダメだと思った」

 守りに入りかけていた宮里をさらに奮い立たせたのは、ラウンド前に日本ゴルフツアー機構・青木功会長にかけられたこんな言葉だという。

 「お前は余裕があると、途中でアクセルを緩める時がある。ずっと踏みっぱなしでいろ。40アンダーを目指していけ」

 さすがに40アンダーは無理だったが、まさにアクセル踏みっぱなしの「ノーボギー22アンダー」だった。