横浜DeNAベイスターズが巨人との3位争いを制し、2年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。このゲームに勝てば3位が確定する10月1日の広島戦(横浜スタジアム)は、今シーズンの横浜の野球を象徴する豪快な戦いぶりだった。

横浜DeNAベイスターズが2年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出。豪快な戦いぶりを実現したラミレス監督の采配とは? (c)liorpt-123RF

 初回に3番ロペスの2ランホームラン(30号)と4番筒香のソロホームラン(27号)、8番ウィーランド(ピッチャー)のタイムリーヒットで4点を先制した横浜だったが、2回3回に2点3点と広島に得点を与え、4対5とあっさり逆転されてしまう。

 しかし、点の取り合いなら横浜も負けてはいない。3回裏にはまたまたピッチャーのウィーランドがランナーを2人置いて、今シーズンの自身3号となるスリーランホームランを叩き込む。これで7対5と横浜が逆転する。

 しかし、広島も強力な打線で優勝を決めたチーム。5回に1番田中が2ランホームラン(8号)を打って7対7の同点に追いつく。試合は、スリリングな打ち合いとなった。

 ただ、ここからは「どうしてもCSに出たい」という横浜ナインの気持ちが広島を上回っていたのだろう。5回裏に筒香のこの日2本目となるホームラン(28号)が飛び出すと、9番倉本もタイムリーを放ち、この回2点。6回には2番梶谷のホームラン(20号)をきっかけに、さらに2点を追加。8回にも2点を取って13対7で広島を突き放した。