もちろん帽子を被りやすかったり、手入れが楽だったり、利便性という面でも丸刈りには大いに意味を見出すことはできるが、丸刈りにしたら野球が上手くなったり、勝てるようになったりするのか、と言えばそんなことはない。それならば、社会人野球もプロ野球もみんな丸刈りで野球をやっているはずだ。丸刈りで野球をやる意味は、野球以外の目的にあるのだ。

 もちろん「丸刈り」という髪型そのものが悪いわけではない。プロ野球でも丸刈りが似合う選手がいる。広島カープの鈴木誠也選手や読売巨人軍の阿部慎之助選手、小林誠司選手の丸刈りからは、彼らの野球にかける思いが伝わってくる。野球をやっていなくても、若い人たちの間では「オシャレ坊主」という呼び方で丸刈りがファッションとして認められている。

 また、体験的に言えるのは、高校時代の丸刈りには、ある種の「カタルシス」があるような気がする。その髪型をすることによって「野球に自己を解放する!?」。少なくとも仲間同士の連帯感やチームに対する忠誠心は深まったりする。

 しかし、そうした意識の裏返しで「丸刈り」が「野球部だから勉強をしなくてもいい」という免罪符のような意味(誤解)になったりしていることもあるだろう。私が受験をして慶應大学に進んだのも髪型と大いに関係がある。多くの他大学が丸刈りで大学野球をやっている時代に慶應は髪を伸ばして野球をやっていた。そこに個人を尊重する自由を感じたからだ(しかし、残念ながら野球部には、前時代的な蛮行が様々残っていた…笑)。

 ただ、何度も言うが「丸刈り」が悪いわけではない。私が昔から感じてきた気持ち悪さは、それが当たり前のように強要されているということにある。そしてさらに言えば、私がスポーツライターという職にこだわっている理由は、スポーツ界から少しでも「不合理」と「理不尽」をなくしたいからだ。

伝統より体調を重視する流れ

 タイブレークの導入は、「伝統的な高校野球を守る」という観点から、「選手個人をどう守るか」という視点に立ったことを意味している。このことの功罪はもちろんあるだろう。しかし、大会100回目の節目で選手の身体をどう守るかという方向に舵が切られたことを私は評価したい。

 今回、北神奈川代表の慶應高校と北北海道代表の旭川大高校は、丸刈りではない普通の髪型で甲子園にやってきた。その他のチームでも、スポーツ刈りや短めの髪型でプレーする選手を見た。旭川大高では、丸刈りを禁止しているという。慶應高校も昔から普通の髪型で野球をやっている。そこでは、個人というものが尊重されているのだ。

 おそらくタイブレーク導入の功罪は、丸刈りでない選手を輩出する方向に機能することだろう。全員が一丸となって戦う高校野球において、それでも選手個人の存在をしっかり認める。それがタイブレークの精神であり、丸刈りを強要しない高校野球も認めることになる。

 タイブレークの導入によって、その意識は今後どんどん高まることになる。よって、丸刈りの高校球児はこれからどんどん減っていくことになる!?

 それが歓迎されることなのかどうかは分からないが、私は高校野球がより良い方向に向かい出したことだと思っている。