スポーツ選手にとって厳しい猛暑が続く(写真:gyro/Getty Images)

 連日、熱さによる熱中症で、全国で何人もの方が亡くなっている。埼玉県熊谷市では、7月23日に41.1度を記録し国内の観測史上最高を更新した。テレビのニュースも朝から、「外出を控え、室内ではエアコンを惜しむことなく使用することお願いします」と注意を喚起している。まさか日本もこんな猛暑に襲われることになるとは思いもしなかった。

 気温40度以上を経験したのは、プロ野球を引退してオーストラリアで日本語の教師(1990〜91年)をしている時だった。

 

 メルボルンが州都のビクトリア州。そのビクトリア州北部の小さな町の学校(中高一貫校)で日本語を教えていた。中学と高校を合わせて30人余りの生徒たちが日本語を勉強していた。学校の敷地の中は緑にあふれていたが、車で5分も走れば荒涼とした砂漠のような光景が広がっていた。暑さに加えて地表から出る塩害で植物の生育は限られていた。

 

 夏の日中の気温は軽く40度を超え、暑い日には45度を超えることも珍しくなかった。そんな高温の中での活動は危険どころか命にかかわることでもある。外を歩いている人は誰もいなければ、学校のスポーツもインドアの競技に限られていた。屋外ではドライヤーから出るような熱風が吹いていた。とてもスポーツどころの環境ではなかった。

 印象に残っているのは、初夏に小学生のオリエンテーリングに同行した時のことだ。子供たちへの携行品の案内に「水分(飲み物)」や「帽子」があったのはもちろんだが、そのほかに「サングラス」と「日焼け止め」も必ず持って来るようにと書かれていたことだ。

 日本のプールでは「日焼け止め」を塗るのを禁止しているところもあるようだが、この暑さではそれも検討の必要があるだろう。また小学生がサングラスをかけていたら、日本では間違いなく怒られるだろうが、これも目を守る意味で考える必要があるかもしれない。

 これだけの猛暑が続くと心配されるのは、高校野球の夏の甲子園大会だ。各地の予選では、もうすでに日中の暑い時間帯を避けて、試合を夕方から夜にかけて行ったところがある(京都大会は早朝とナイターで対応)。こうした試合運営は賢明な判断だと思うが、日程の詰まった本大会では、応援団の来阪やテレビ放送の関係もあり、現状では大胆な予定変更は難しいことだろう。