ロシアW杯での活躍が期待される長友佑都選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

 スポーツの話題と言えばスポーツでの出来事なのだが、これは批判的な意見をどう受け止めるかというか、ある種のコミュニケーション術のサンプルのような気がした。サッカーワールドカップ(W杯)日本代表、長友佑都選手(31歳、ガラタサライ)の発したツイートをめぐる顛末である。

 長友選手は、5月31日の夜に次のようにつぶやいた。

 「年齢で物事を判断する人はサッカーを知らない人。」

 これには多くの人が批判に回った。

  • 「結果を出してから言え」
  • 「長友選手みたいな影響力がある選手がこんな発言をするべきじゃないと思います」
  • 「じゃー、サッカー知ってる奴だけ応援すれば良いのか?」

 長友選手の発言には、もちろんそれを生む経緯がある。最大の理由は、やはり今回のメンバー選考だ。

 日本代表・西野朗監督が31日夕方に都内ホテルでロシア大会に臨む日本代表メンバー(23人)を発表した。

 このメンバーに付けられた名前がまずもって気に入らなかったのだろう。メディアが命名したのは、「おじさんジャパン」や「忖度ジャパン」など。この時点で選手の平均年齢は、過去最高の28.3歳。しかも前回2014年ブラジル大会の経験者が11人も選ばれている。

 毎回、秘密兵器的な選手の選考もあって、そこに監督の考え方や打ち出す戦術が見えたりして注目が集まったりするのだが、今回はサプライズ的な人選もまったくなかった。そのメンバーを「驚くほどサプライズがなかった」と評したメディアもあったが、実績のあるベテランを軸に安定した布陣を選んだというのが、今回のメンバーに対する一般的な評価だろう。

 こんなことをするとまた長友選手に怒られてしまいそうだが、今回の日本代表には、30代の選手が8人もいる(敬称略)。

■GK(ゴールキーパー)

  • 川島永嗣(35歳 メッス)
  • 東口順昭(32歳 G大阪)

■DF(ディフェンダー)MF(ミッドフィルダー)FW(フォワード)

  • 長友佑都(31歳 ガラタサライ)
  • 槙野智章(31歳 浦和)
  • 長谷部誠(34歳 フランクフルト)
  • 本田圭佑(31歳 パチューカ)
  • 岡崎慎司(32歳 レスター)
  • 乾貴士(6月2日に30歳になった ベティス)

 ちなみに香川真司選手(ドルトムント)と吉田麻也選手(サウザンプトン)の両選手も30代間近の29歳である。