火曜日の朝に、スマートでエスプリの利いたコラムを読んだ。アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領がメジャーリーグで始球式を務めた時のエピソードだ。

 

 ブッシュ大統領がヤンキースタジアムで始球式を行ったのは、2001年10月。あの同時多発テロ(9月11日)が起こった翌月のことだ。

米大統領は世間に畏怖の念と羞恥心を持っていた?

 コラムは、その時のブッシュ大統領とヤンキースのスター選手、デレク・ジーター内野手とのやり取りを紹介している。「防弾チョッキを着ていて投げにくいので、ピッチャーズプレートより前から投げたい…」と言うブッシュ大統領にジーターが助言する。

 「ブーイングされますよ」

 すると大統領は、こんな状況の中で始球式をする私に、それでもブーイングするのかと怪訝(けげん)な表情を浮かべたそうだ。

 そこでジーターが言う。
「それがニューヨークなんです」

 果たしてブッシュ大統領は、本番では正規のプレートから投げてストライクを奪ったそうだ。

 アメリカの大統領が世間の視線に対して、畏怖の念と羞恥心を持っていた頃の、遠い昔話である…とコラムは結ぶ。(16日の読売新聞「編集手帳」)

 アメリカの大統領には畏怖の念と羞恥心が欠けている…かどうかについてはここでの言及を避けるが、コラムの主張は厳しくありながらも、その物言いは品格の中にある。

 語り過ぎては…
 辛辣過ぎては…
 詳細過ぎては…

 品位を失いすべてが台無しになることがある。