代わりのきかない打順が4番

 昨シーズン日本一に輝いた日本ハムの栗山英樹監督は、就任以来5年間4番を中田翔に託し、今シーズンも「4番・中田翔」で戦っている。栗山監督は「このチームで4番を任せられるのは中田しかいないし、彼にはその自覚を持ってプレーして欲しい」と言っている。

 プロ、アマを問わず監督が4番に指名する選手には、単なる打力だけでなくチームを牽引する「何か」が求められるということだろう。

 話は、広島で4番を打ち始めた鈴木誠也である。

 開幕当初はベテランの新井貴浩が務めていたが、緒方孝市監督はたとえ新井が出場していてもあえて4番に鈴木を起用する采配を見せている。それは開幕前から緒方監督が口にしていた構想でもあった。

 「鈴木が新井に代わって4番を打てるような選手になってくれるのなら、4番を鈴木に任すことも考えている」

 これは同時に鈴木へのメッセージでもあったのだろう。「4番を任される存在になって欲しい…」と。

次ページ 「神ってる」とは言わせない、チームを鼓舞する4番に