投打に大活躍する大谷翔平(写真:AP/アフロ)

 お昼の情報番組「ひるおび」(TBS系列)で、このところロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(23歳)の特集が続いている。

 米大リーグが開幕してから2週間。

 私だけでもゲストコメンテーターとして4回出演しているのだから、番組が彼を取り扱った回数はもっと多いはずだ。それだけ世間の関心事になっている。これもまた大袈裟に言えば、大谷の活躍がもたらした社会現象と言えるだろう。

投打に大活躍する大谷翔平(写真:AP/アフロ)

 興味深いのは、米国のメディアも日本のメディアも大谷を語るに当たって、100年前のスーパースター「ベーブ・ルース」を持ち出して、大谷の「二刀流」を論じている点だ。

 1918年、ベーブ・ルースは二刀流(米国では、2WAYと言っている)でプレーし、投手として「13勝」、打者としてホームラン「11本」を記録している。翌19年も二刀流で活躍し「9勝」「29本」の成績を残した。よって今シーズンの大谷が、投手として10勝以上の2桁勝利をあげ、打者として2桁以上のホームランを打つと、ちょうど100年ぶり、1918年のベーブ・ルースに並ぶことになり、日米のメディアはそこに注目している(大谷は、日本時代にすでに2回達成している。2014年「11勝、10本塁打」、2016年「10勝、22本塁打」)。

 「野球の神様」と謳われるベーブ・ルースとの比較は、大谷にとって何よりも光栄なことだろうが、そこまで時代をさかのぼらないと「ライバルが見当たらない」というのも現実であり、二刀流の特異性がそこにある。

 この偉大な両者の比較にケチをつける気など毛頭ないが、ベーブ・ルースの2WAYと大谷翔平の二刀流は、厳密にいえば微妙に違う。今さらの感はぬぐえないが、もう一度ここで、両者の違いを整理しておこう。