まさに歴史に残る逆転優勝。春場所千秋楽、新横綱・稀勢の里が見せた執念の相撲は、見る人を熱くさせる感動の戦いぶりだった。

[画像のクリックで拡大表示]
1月に横綱へ昇進した稀勢の里。横綱として臨んだ春場所は今後に語り継がれる逆転優勝となった。(写真=つのだよしお/アフロ)

 アクシデントは13日目の横綱・日馬富士戦に起こった。日馬富士の強烈な立ち合いを受け止めた稀勢の里だったが、もろ差しを許すとそのまま土俵際まで押し込まれた。下がりながら得意の左で振ったが、すっぽ抜けるように空を切る。この時に稀勢の里の顔が一瞬ゆがんだ。上体が起き上がった態勢では残しようがない。そのまま日馬富士に寄り倒されて土俵下に左肩から転げ落ちた。

 どこを痛めたのかを稀勢の里は明言していないが、おそらく左の胸か腕の筋肉だろう。胸を押さえて激痛にもがく稀勢の里は、しばらく立ち上がることができなかった。

大ケガで優勝は絶望的に?

 この一番まで12勝全勝。相撲内容も完ぺきで、優勝は間違いないだろうと思われていた。ところが「好事魔多し」である。

 すぐさま病院に救急搬送された稀勢の里。あの痛がり方では、残り2日は休場だろうと誰もが思ったはずだ。しかし、稀勢の里は翌日(14日目)の土俵に戻ってくる。

 鶴竜との横綱対決。ただ、ケガはまったく癒えていないのだろう。稀勢の里は、力なく鶴竜に寄り切られて何もできなかった。

 これで稀勢の里の成績は12勝2敗。千秋楽は13勝1敗の大関・照ノ富士との対戦。優勝するためには、本割で照ノ富士を倒して、優勝決定戦に持ち込むしか道はない。しかもケガを抱えたまま、照ノ富士に2番続けて勝たなければならない。土俵には帰ってきたものの優勝は絶望的だと思われた。