新人を伸び伸び育てるヤクルト・小川流

 ヤクルトの小川淳司新監督にも同質のマネジメントを感じた。期待の大物ルーキー村上宗隆選手(ドラフト1位、九州学院高)の育成について聞いた時だ。その豪快な打撃を活かすために、捕手から三塁手に転向する村上選手。

 しかし、小川監督は何も注文を付けなかった。

 「大丈夫です。放っておけば、自然に育ちますから…」

 これもまた、村上選手の大きなポテンシャルを感じてのことだろうが、選手を伸び伸びとさせる育成法がそこにある。もちろん2軍でコーチから様々な指導を受けることになるのだろうが、基本的には選手を信頼して彼らの自発性に任せる寛容な姿勢が伝わってくる。その選手との関係性は、ラミレス監督と同質なものだと思った。小川監督は、ヤクルトの2軍監督を9年間務めている。

次ページ エンターテイメントに徹した中日・森監督