WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での侍ジャパンの快進撃に日本中が沸き立っている。

 これを記している3月14日現在、2次リーグに進出した日本は初戦のオランダに勝って(8対6)、キューバとイスラエルの試合を残している。こうした国際大会は最後まで何が起こるか分からないが、ここまでの戦いぶり(1次ラウンド3戦全勝)を考えると準決勝進出(アメリカ、ロサンゼルス)はかなりの確率で間違いないだろう。(その後キューバ、イスラエルにも勝って、準決勝進出が決定)

WBCで大変身! 日本の快進撃を支える、キャッチャーの小林誠司(巨人)。(写真=YUTAKA/アフロスポーツ)

投打のバランス良く、小技もお見事

 ここまでのヒーローを挙げれば、4番に座って大事な場面で打ち続けている筒香嘉智(横浜DeNA)と、その後を打つ5番中田翔(日本ハム)のバッティングが光っている。4番、5番がホームランを連発し、チャンスでタイムリーを打てば、チームは否が応でも盛り上がるものだ。その他、坂本隼人(巨人)や松田宣浩(ソフトバンク)の活躍も見逃せない。またセカンドを守る菊池涼介(広島)の守備における貢献は特筆すべきものだろう。

 投手陣も安定している。先発を任された石川歩(ロッテ)、菅野智之(巨人)、武田翔太(ソフトバンク)がゲームを作り、中継ぎ・抑えを担当する千賀滉大(ソフトバンク)や岡田俊哉(中日)、則本昂大、松井祐樹(ともに楽天)、平野佳寿(オリックス)、増井浩俊(日本ハム)、牧田和久(西武)らがしっかりとその役割を果たしている。

 加えて内外野の守備や送りバントといった日本が得意にするプレーも見事に決まっている。とにかく投打のバランスが極めて良いのだ。だから、「この後の準決勝、決勝が楽しみだ」とここで筆を置くことも一考だが、それでは快進撃の真の要因が見えてこない。やっぱりこの人の存在に触れておかない訳にはいかないだろう。